読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hsuetsugu’s diary

ITの技術的なことに関して主に書きます。Rとpythonとd3.jsとAWSとRaspberryPiあたりを不自由なく使いこなせるようになりたいです。

有給消化 ~0.準備偏~

2008年から6年半、お世話になった会社を退社することになり、
8/8を最終出社日として、次の場所に移るまでしばらくフリーな期間ができるので
その時間を使ってブログを書いてみることにしました。


休み期間にこのブログを使って、下記についての記録をつけていこうと思います。
今後もコンサルティングで使えそうなオープンデータをあわせて整備します。

 1.エンジニアリングスキル向上を目指して
  1)d3.jsでのデータビジュアライゼーション(散布図、時系列系)
   ・d3.jsとは
   ・世界銀行が持ってる系のデータなどの可視化
   ・国内企業の財務諸表データの可視化(XHBR形式だっけ・・)

  2)d3.jsでのデータビジュアライゼーション(地図系)
   ・オープンデータの取得と表示
    (行政区ポリゴンデータ、人口動態、線量、自動車保有台数など・・・)
   ・d3.jsでの表示(geojsonもしくはtopojsonでの表示)
   ・post-gisの活用

  3)分析ロジックとの連携
   ・python×d3.js:pythonAPIとして分析ロジックをpythonで作る。
   ・R×d3.js:d3というか、rChart使ってしまうかも。

 2.分析スキル向上を目指して
   ・Cousera、iTunes Uにて、講座をいっぱい受けたい。
   ・kaggle挑戦してみる。
   ・stanの習得・・・など


これを8/8以降、WEBアプリとして作れるものは、1日1リリースを目指してやっていこうと思っています。
まず、その事前準備として、これまでエンジニアのすごい人に任せきりにしていたAWSの環境構築を自分でもやってみたので、その記録を記載します。


0.AWSでの環境構築編

今後、d3.jsでの可視化サイトを作るにあたり、mysql + php + javascriptが動く環境をAWSにて構築しました。
 ※いずれ画像など差し込み予定です。

・アカウント作成(省略)
VPCの設定
 ・VPCをつくる
 ・Subnetを作成
 ・Internet Gatewayを作成してVPCに紐づける
 ・Subnet用のRouteTableを作成
 ・SubnetAssociationsを設定

・EC2のlaunch
 ・EC2インスタンス選択(Amazon Linux micro)
 ・VPC,Subnetの選択。Subnetはpublicに。
 ・Security Groupの設定(SSHとHTTP)
 ・key pairの作成
 ・launch

・・・後輩に教えてもらったのはここまででしたが、なぜかpublic DNSが表示されない。
下記のサイトを見つけたのでその通り実施したらできました。
AWSでVPCを使ってみる | sandbox

ここに書いてある通り、下記を実行するとグローバルIPが取得できました。
 ・Elastic IPを作る。Allocate New Addessから。
 ・Network InterfacesからAssociate Address


SSHでのEC2にログイン
 ・key pairを変換(pem⇒ppk)して、Puttyでログイン
  これについては、下記のオフィシャルドキュメント通りに実行しました。
http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/gettingstarted/latest/computebasics-linux/getting-started-deploy-app-connect.html

・EC2での環境構築
 ・Apacheのインストール、自動起動をON、Apacheの起動

sudo yum -y install httpd
sudo chkconfig httpd on
sudo service httpd start


また続きます。

広告を非表示にする